« »


F保育園

保育園の公開プロポーザル応募案です。
保育室とは単なる「座学」の場ではありません。小さな身体の子どもたちが、自らの身体と知恵の可能性を発見する場です。
単一で大きすぎる保育空間が並ぶのではなく、小さな場所から大きなひと繋がりの空間まで、活動内容にあわせて自発的に、あるいは保育士の先生方とともに様々な体験ができる環境であること。そんな未来志向の保育空間を、「リトル・ボックス」という小さな空間から考えました。

The proposal of the open competetion fot the public nursery in the center of Japan, nearby theBiwako-lake.
The nursery is not the space for classroom lecture. It is the space where children fi nd the possiblity of their own body and brain. The proposal is not the environment with homogenous big rooms, but the environment where children can experience spontaneously or with childminders by preparing small spaces or one continuous space.
The future nursery space is proposed by a small space called as “Little Box”.


back to works / 作品一覧に戻る