« »


Neda Firfova『PAPER JAM』

*終了しました*

GINGRICH exhibition#2
Neda Firfova「PAPER JAM」

浅草のオルタナティブ・スペース、GINGRICH(ギングリッチ)では、2月18日よりグラフィックアーティスト/デザイナーのNeda Firfovaによる個展『PAPER JAM』を開催します。

GINGRICH, an alternative space located in Asakusa, is delighted to annoucne the opening of its second exhibition- “PAPER JAM” by Neda Firfova.
Please join us for the opening receptions on February 18, at GINGRICH (3-8-4 Kotobuki, Taito-ku, Tokyo), starting at 18:00.
**Detailed English information follows Japanese.

————————————–

Neda Firfova(ネダ・フィルフォヴァ)は1981年マケドニアの首都スコピエ生まれ。スコピエ芸術アカデミーでヴィジュアルアートを学んだのち来日、多摩美術大学大学院にてグラフィックデザインを学んできました。2011年にはオランダ、ヤン・ファン・エイク・アカデミーでの研究課程を修了しています。

グラフィックデザインの根本にある論理やコンセプトに深い興味を持つネダの作品には、既存のメディアはもちろん、そこからさらに一歩進んだメディアもしばしば用いられます。コラボレーターや観客の介在が反映された作品、編集の過程を逆転した作品も彼女の大きな魅力です。

本展で発表の最新作『PAPER JAM』は、直訳すると「ぐしゃっとした紙のかたまり」。
米『ビジネスウィーク』誌が “ペーパーレス社会” を予言したのは1975年のことでした。パソコンが全ての情報を預かるようになれば、ムダ紙とはサヨナラ。紙から解き放たれたユートピアは、しかし実現しませんでした。私たちの誰にも周知の通り、コンピューター技術の進化とともに、プリンターもコピー機も成長していったからです。結果的に現在では、その予言時の2倍の紙が消費されているともいいます。

本作で展示されるのは、コピー機の起こすエラー。紙づまりを起こすと、コピー用紙は細かな蛇腹に折れ曲がり、オーバーヒートした機械の熱の痕跡がつく。それを逆手にとって、半ばエラーを故意におこしながら(しかしどんな形のエラーになるか完全には知り得ずに) “制作” した作品です。いったい人は、何を目指して技術の進化を押し進めてきたのだろう? ……身近なものなのにはっとする驚きと、アイロニーを含んだ約10点が展示の予定です。

————————————–
Neda Firfova『PAPER JAM』

会期:2012年2月18日(土)〜2012年3月1日(木)
*18日(土)18:00よりオープニング・レセプションを行います(21時まで)
営業時間:14:00〜20:00(土・日・祝13:00〜20:00)
定休日:月曜
会場:GINGRICH(東京都台東区寿3-8-4鎌田ビル)
交通:東京メトロ銀座線田原町駅、都営大江戸線・浅草線蔵前駅より各5分
————————————–

Neda Firfova (b.1981, Skopje, Macedonia) is a visual artist and a graphic designer. She graduated with a BFA in Visual Arts from the Academy of Fine Arts in Skopje, Macedonia in 2005 and pursued her MFA at the Graphic Design Department of Tama Art University in Tokyo, Japan. In 2011 she completed her design research period at the Jan van Eyck Academie in Maacrticht, The Netherlands.

Her work and research are rooted in graphic design logic and conceptual processes, while they activate themselves within and beyond the traditional graphic design medium ミ print; sometimes taking the form of a an artwork, an action or an almost invisible act. Suggesting more open approaches to graphic design, her work invites interventions by collaborators and audiences, and supports reverse editorial processes. These experiments contribute to the questioning of the authority that graphic designers are educated to deliver exclusively on paper and by means of multiplication.

Paper Jam, framed paper objects, 2011
In 1975 Business Week Magazine prophesied the “paperless office”, a working environment where computers would store all possible information and therefore replace bulky paper. These utopian ideas, failed to foresee that the technological developments of printers and photocopiers will go hand in hand with the developments of computers, and double the amount of paper we use in offices today.

Paper jam is a series of ready-made paper objects, produced in an office and in the very process of photocopying. An intervention in the photocopiers’ function produces an error. The error semi-automatically produces paper jam, that is later framed in order to acquire the value of a unique art piece. Paper jam has for its purpose to comment on the over consumption of the mass produced and ever present paper for office use, forty years after technology’s promise for a “paperless world”.

————————————–
Neda Firfova『PAPER JAM』

February 18 – March 1, 2012
Opening Reception starts at 18:00 on Saturday, February 18.(closing at 21:00)
Opening hours: 14:00〜20:00(weekends & holidays13:00〜20:00)
Closed on Mondays
GINGRICH
3-8-4 Kotobuki, Taito-ku, Tokyo

5 minute walk from Tawaramachi station (Tokyo Metro), and Kuramae station(Oedo line and Asakusa line)
————————————–


back to archives / 活動一覧に戻る