工事費・その他諸費用

工事費System

木造住宅の本体工事費の目安は、以下のとおりです。
RC・鉄骨造の他、住宅以外の案件については、別途ご相談ください。

木造住宅本体工事費目安(税込)

約25坪: 1600万~2400万
約30坪: 1800万~2700万
約35坪: 2100万~3200万
約40坪: 2400万~3600万

  • 附帯工事(地盤改良・外構工事)は、内容によって20万~300万が別途必要となります。
  • 工事金額は、同じ床面積でも、建物形状・仕上げ材・設備性能によって、金額に大きな幅がでます。
  • 工事金額は、各フェーズにおいて、初期概算・概算見積り・本見積もりと、見積もりを重ねることによって、
    最適化を図ります。
区分 項目 内容
本体工事 建築工事費 仮設工事・基礎工事・木工事・屋根工事・金属工事・防水工事・建具ガラス工事
・左官タイル工事・塗装工事・内装工事・雑工事
造作家具工事費
設備工事費 電気設備工事・給排水衛生設備工事・ガス設備工事・床暖房工事
附帯工事費 外構工事費 舗装工事・排水工事・植栽工事
地盤改良費 0~100万円(地盤調査結果により大きく変動)
オプション工事費 ソーラーパネル・セントラルヒーティング等
別途工事費 解体処分費 木造の場合3万円/坪程度
電話・LAN工事費 住宅の場合、不要なことが多い
給排水引込工事費 東京都の場合、80万円~
カーテン工事費 10万円~30万円
冷暖房器具代 30~60万円
家具・家電費 家具についてはコーディネートさせて頂くことも可能

コスト管理について

木造住宅の本体工事費の目安は、以下のとおりです。
RC・鉄骨造の他、住宅以外の案件については、別途ご相談ください。

(1) 事前計画を大切に
「安心して長期的に資産価値を維持・向上できる建物」をつくる為には、 詳細条件整理などを事前作業として
しっかりと行うこと が、非常に大切です。
その事前業務があってこそ、「資産力のある建物」を正しくお客様にご提供できると考えています。

(2) シンプルが基本必要以上の無駄を省くこと。何と言ってもこれがコストコントロールの大原則です。
計画の初期の段階で、過剰な面積やデザインを丁寧にそぎ落として、ご予算に適した空間をご提案します。

(3) メリハリのあるコスト配分「風呂場にはお金をかけたい」とか「サッシは木製にしたい」、「リビングは広々と
したい」など、 お客様それぞれにこだわりたい部分があるはずです。
そのこだわりこそが、建物の長期的な資産価値だと考えています。 お客様それぞれのこだわりを確実に実現するため
に、メリハリを大切に計画をすすめます。
必要以上にお金をかけなくてもいい部分を、はっきりとお伝えすることも私たちの
大切な仕事の一つだと考えています。
逆にどんなに予算が厳しくても「ここだけはお金をかけるべき」というポイントをしっかりと主張することもまた、
私たちの大切な仕事です。。

(4) コストの透明化工事費コストの透明化を徹底します。 「一式いくら」のブラックボックスを撤廃し、明細化する
ことが、コストを適正にコントロールするための、必要不可欠なノウハウです。

(5) バリューエンジニアリング「機能を下げずに、価格を下げること」がVE手法(バリューエンジニアリング)です。
たとえば、屋根の勾配角度が違うと、足場などの違いにより、工事費に大きな差が発生します。木製フローリングと
いっても、無垢材か複合材かどうかで値段が変わります。
「機能を下げずに、価格を下げる」ための検討を何度も繰り返して計画内容にフィードバックします。